FC2ブログ

2011-11

Z1000のリアサス等々感想を記録っと


昨日の走行で感じたことを記録。


先ずはNITRONのリアサス。


とりあえず街乗りや公道では良い感触でしたが、サーキットではイカに??


乗っていて感じたのはアクセルを開けて行く立ち上がりがすごく楽しい。


ステップの問題もあり、そこまでペースを上げられなかったというのもありますが・・・


立ち上がりでアクセルを開けて行くとリアがグイッと踏ん張って、リアの存在感が際立つというか・・・


走って楽しいのはコレのおかげ、と感じられる。


一番安いグレードとはいえしっかり減衰が効いてるのが良いのかなぁ。


次にブレーキパッド、RKのMA-Xってやつ。


サーキット走行する時にパッドの選択ってやつは重要です。


私的には。


今まで使った(GSX-Rでね)やつはジクーTYPE-C,ブレンボZ04,メタリカspec03こんなとこ。


いわゆるレーシングパッドに分類されるやつで、特徴はそれぞれでパッドの性能は甲乙つけ難い。


で、今回Z1000で使ったやつはRK。


事前に全然当たりがつかないと話は聞いていたのでどんなもんかなぁ??と思ってました。


実際RKは公道で使っててもレーシングパッドのようなパッド感は無いんだよなぁ。


何だかディスクとパッドの間に膜がある感じ。


ということで、FSWの一コーナーで。


レーシングパッドのような初期制動感はなく、かけはじめでちょっとした空走感。


握って行くと制動力が立ち上がってゆく感じで、熱が入ると効いてくるタイプかな?


一応BT-016でノーマルキャリパー、ノーマルマスターでハーフロック状態くらいまで持っていけるくらいのコントロール性はありました。


私なりの解釈ですが、公道前提の高速走行向けのパッドかなと。


初期制動の立ち上に関しても握りゴケ防止のために意識的に落としている味付けかなぁ。


サーキットで使うには初期制動が欲しいかな。


で、今回新しく導入したコンドルハンドル。


やはり、サーキット走行するには絞りのあるハンドルの方が良いですね。


コーナーで身体をオフセットする時にバーハンよりは格段に操作性が良いです。


ポジションはちょっと高いですが。


ツーリングとかはかなり楽そう。


一つ気になるのは剛性感の無さ。


ハンドルが若干しなる感じはちょっと違和感。


こんな感じでした。






スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

なか

Author:なか
サーキットはGSX-R
公道はZ1000
バイクライフを楽しんでます。
生涯現役!!
で頑張りたいなぁ。
2013年12月TZM50Rが加わりました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
z1000 (192)
GSX-R1000 (286)
ブログ (42)
徒然 (315)
ツーリング (8)
用品 (23)
バイク一般 (35)
サーキット (21)
ツール (2)
バイクの消耗品 (1)
人に歴史 (1)
レース (1)
TZM50R (20)
GN125H (21)
セレナ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR